ストーリー・詩をつくる【ストーリーメーカー】。

シャッフルボタンで自動生成。小説家や漫画家や空想好きの中学生へ。

ストーリー・詩をつくる

表示する文章の数: 

自分で作る

 
 
 
 
 

 

ひとこと

●これを使っても、小説や詩は書けません。

●宿題もできません。

●何かきらっと光る組み合わせが見つかれば、うれしいと思います。

●デフォルトで登録している文(下記)は、小説や詩から適当にとりました。

●なるべく、シャッフルしても意味を持つような文を登録したつもりですが、やや根暗です。

デフォルトで登録している文

雨が降っていた

だめだな・・・

本を閉じた

「それは分かってるけど」

花が置かれたあった

バカだから

「無理だよ」

「最低だな、おまえら」

仲間だから

顔を見合わせた

放課後

いつか償えるのだろうか

目の奥に底意地の悪い光

「そうでしょ」

「いいから、本当に」

「そんなことないよ」

つまらなそうにそう言った

「君なら出来るさ」

笑顔を作った

じっと目を見つめてきた

そんな予定もない

そのつもりもない

「見てたの?」

音楽にならない―――

ゆっくりと近づいていった

何も心配しなくて良いんだ

身体が冷えてきた

しばらくそうしていた

無性に声が聞きたくて

窓を開けた

森は暗く深く

歌声が聞こえた

僕は笑い出しそうになった

「そうなんだ」

僕のところまで聞こえてくる

でも、心配なのだ

「あれは、君だったのか・・・」

「復讐?」

「そう・・・でしょうか」

コンクリートの冷たい感覚

知れば知るほど嫌悪感がつのってくる

胸に引っかかるものを感じる

放心したように

(まあ、いいか―――)

日記帳

コーヒーを入れてくれた

それで傷つく人がいるかもしれない

生きている人の方が大切です

夜のうちに

名もないただの人・・・

冷淡な女たち

本当ではない

君は僕に何も言わなかった

もう誰のものでもない

嘘をつく奴らの話を聞かないように

歳月に磨かれて

魂に語りかけてくる

君はいとおしく、同じくらい憎い

長々と沈んでいた

瞑想に耽っている

彼らは身じろぎひとつしない

運命に従おう

虚ろな場所

支配したいだけなのだ

彼方の空へ

いい加減ではなく

メロディーが壊れ

灰色の夜明け

私たちの想い出

彼の髪は銀色で

夜のうちに

つまらないものであっても

金はない

でも心に受ける

いいとこを見ていかなくては

死に絶える唄

終わりかと思った

間違いはあった

無限に続く光景ほど

眠らせることがないならば

僕は残る

真っ直ぐな海岸沿い

真っ暗なこの部屋で

丁寧に並べた

取り損ねた賞状

何ヶ月たったか 覚えていない

冬には真っ白になる

居心地の良い小屋

夜明けの薄明かり

おまえの手で

みんな夢中だった

あのときに戻れば

いつの日か驚くことがあるだろう

誰にでも順番がある

立ち止まらずに

ゆっくり過ぎ去る

私は書きたかった

君に言えたら

それが女だと

あなたは戻る

帰ってきたんだ

父がよく言っていた

でも何故僕で

空と風車の間から

それでも突き進めと

名前は覚えてない

彼らは死んでいった

彼女たちが未来となるかどうか

まるで馬鹿だから

争いもないまま

僕から奪ってしまった

きっとそういう言葉が好きだから

初めての敵

どれほどの夜があったろう

その当てもない眼差し

それでも足りないなら

空約束や宝石

騙されたように感じた

これが船なら

生命はあそこにあるに違いない

孤独の悲しみを覗いて

あのざわめき

忘れたかな

雨が降っていた

枯れていく木の葉

鳥が眠る

夜の散歩する男

僕は歌う

その運命に出会うだろう

凍えている老人

時は

あの星の記憶

一つの道を歩くことしか

その時こそ

偶然だった

食べることすら覚束なくて

もう忘れたい

楽しい時期は束の間だから

人を刺す言葉

彼は夢見た

言うことと実際は違うのだ

後遺症

「記念品なんだ」

ただ壁をにらんでいた

遠くで電話が鳴っている

男が一人座っている

口の端が震えていた

そして私は―――

静かなビルのそばにあった

恐ろしい副作用があった

微笑みが消えた

「楽しそうに見える?」

目に見える相手なら

ありのまま話すほかないことを悟った

会いたいと言っている

だから逃げた

もしあのとき謝っていたなら

その女の子のことがとても印象に残っていた

でも忘れていなかった

それなりの人生

両方の頬に涙が伝わっていた

うんざりするほど見慣れた

夜まで待ちきれなかった

それっきり黙り込んだ

見覚えのある筆跡だった

嫌われたくなかった

軽く目を閉じた

子供が喧嘩して怪我するくらいのこと

あの頃の自分

もう一度、自由になるしかない

老いぼれないうちに

上手くやっていける

でも今度は

ただ成り行きに任せて

いつの間にか遠くまで来てしまった

いつまでも変わることなく

何も手に付かなくなってしまう

君に出来る最善のこと

チャンスはいつだってあるはず

君といつも一緒だったあの頃

思いやりの嘘

もう一つの理由を見つけて

幸福はそんなものじゃない

思い通りにはならない

消えてなくなればいい

うまくいくはずないから

もし僕が

いつもと変わらぬ朝を迎えた

私の記憶は

それとも過去を捨てるのか

いまも想い続けている

この決まり切った日々の生活

もう、誰もいないのかしら

ずっと遠い彼方

二度と帰れない

だめになることもあるもの

見て見ぬふりしながら

確かなものをとらえたい

幼い頃の夢

何故もっと早く気づかなかったのか

時が無闇に過ぎていく

馬鹿に思える、この私

とても、ともて、だませない・・・

意識なんてしなかった

静かな場所が必要

恋しくてたまらない

死ぬつもりだった

力一杯生きているから

懐かしいあの街

もう立ち上がれそうもない

ありもしないことを信じている

私の中をすり抜けて

昨日は悲しくても

見守ってくれた

夢もたくさんある

落胆と孤独

変わらない友達はいますか?

誰も彼もが

全然間違っている

誰かが教えてくれた

でも辛さに耐えられない

時は動き続ける

救いを求めても仕方がない

そばに行って優しくしてあげたい

一人歩きは出来ない

列車を待っていた

生まれ故郷を探していた

何も終わってはいない

この淋しさは

窓際に座って外を眺めていた

こんなわけにはいかない

行くべき場所を見つける

いつか一人になった時

穏やかなのは海だけで

そう言ってくれた

太陽を見たのはいつだったか

あの道に戻って

ときどき情けなくなる

何も聞きたくない

地下鉄の出口から

まっすぐ見るのが恐い

寒さは気にならない

風がそよいでる

物語の後に残されたのは

華やいだ二人だけの時間

取り返しがつかなくなる前に・・・

憂鬱な朝を知っている

どうしていいか 分からない人のために

どうしてもあなたに会いたいと

意味もなく時を過ごして

こぼれ落ちていく

人の視線を避けるように

僕のために生まれてきた

伝えられないのなら

真実が吐き出されても

それは世界の果て

自分のことしか考えていない

二人して黙り込む

すがりついてはいけない

言葉を交わすこともなく

自慢じゃないけれど

あなたはそう言ってくれた

ちっぽけな存在

私の心はもっと壊れやすい

永遠に刻み込まれる

みんなに知らせたい

無邪気な大人のように

信じることが出来る?

私の罪が消されますように

交わした誓い

あなたの中で私は生きる

罰当たりの肉体

本質を欠いたまま

長い忍耐の後に

私にとって 少なくとも

明日をたのまず

経験と分別

永遠に続いている

枯れ乾きつつ

待ち望んだ幸運

人間の尊厳

古い庭園

日曜日の風

陽光が消えていく

小さな鳥 小さな薔薇

冷たすぎる

解放してくれる

ささやかな幸福

ひたすらの沈黙

じっと見つめること

どうか彼を助けてやって下さい

じっと動かず・・・

すすり泣き

聞こえないか

木苺の匂い

雨に洗われた

酸っぱい林檎

憂鬱なざわめき

私はひとり

屋根の上

底無しの夜

僕は何を吸い込んでいたのか

しっかりしろ!

僕の魂は生まれた

遠くで 海が

記憶を超えて

永遠はそんなに長くない

聞こえないか

他愛もない話

もう耐えきれない

なにかの口実

老人の瞳に光が宿る

近道は避けよう

彼も気づかなかった

私を慰めてくれた

主役でも演じるように

私の目の前に現れた

ただし目だけはぎらぎらと光らせて

白い月

こんなにも離れてしまっているというのに

何も感じなかった

懐かしむこともなく

水平線の向こう

私に翼を貸した

最初の挑発は

目が覚めると 正午だっだ

絶望の音楽

私の古い悲しみ

辛うじて思い出す

自分たちの知っているもの

真っ直ぐな道を歩き

手をポケットに入れ

手探りで探している

体は散り散りとなり

すべては過ぎて行くのだから

僕は何度も振り返る

僕の目は見えない

私たちは聞いていない

ひとことも口をきかずに

君の名前を書く

自分で選んだのだから

卑劣なことをしている

「忘れてないわよ」

俺はあんたと違うよ

長い間手を合わせていた

何かを失うときは、いつもあっという間なのだ

そんなはずはない そんなはずはない―――

彼女はどうするつもりなのか

誰だっていつまでも子供でいたい

できれば叶えてあげたいと思う

「どうして?」

どこへ行くんだ

彼女の顔を正視できなかった

楽な道があるのに

遠くに白い船が見えた

「泣かないよ」

彼女は立ち止まった

ピンク色の花が咲いていた

彼は行ってしまう

一人にして欲しい

「もう無理だよ」

嘘でもいい

どんなにあがいたって

教えてくれる大人がいなかった

答えが欲しい

おそろしく自己中心的

本当はしちゃいけないことなんだ

今はまだ早すぎる

だけど内心は逆だった

いろいろ話してくれた

私を置き去りにして

受話器を見つめていた

目的があるから

俺は頭が悪いけど

人の心の闇のことなんか分からなくていい

「あなたは」

無理するなって

その顔は蒼白で

あまりに悲しげな口調

信頼できない人間

あまりに型どおり

ご託宣なんて聞きたくない

赤の他人・・・

玩具にして遊んでいる

人を好きになるには いろんな形がある

まるっきり生活感のない部屋

自然に帰ろうとしている

言葉が母に届いていない

唇を噛む

まるっきりの白紙

閉塞状態

涙を堪えているとばれてしまう

大声を叫びだしという衝動に駆られる

ドアを開けて外に逃げ出すのだ

見捨てられた場所

身動きできない

追いつかれちゃいけない

表情を押し隠していた

ごめんなさい ごめんなさい

カミソリを手に取った

「あの・・・・」

冷や汗が背中を伝っていく

大勢の人が視線を向けている

けっして無駄にはならない

僕たちの世代

自分だって同じことをやるかもしれない

取るに足らない細かい話も

何度も振り返る

墓地の芝生

いくつかの白い別荘

無邪気な連中の舞踏会

夜ごとに訪れる悪夢

どうか心が離れませんように

教会が低い家のように見える

二人ともきっと後悔する

自分の大切な部分を失ってしまう

このままじゃどうしようもない

自分を信じていこう

無理に自分を追い詰めて

少しずつ進んでいこう

いつか花を咲かそう

よく知りもしないのに

もし会えなくなるとしたら

愛を伝えてますか?

楽しいことを考えよう

誰かを幸せにする力がほしい

いつの日か良かったと思えるように

たとえ人はだませても 自分までだますことは出来ない

幸せになれる

たとえ人にけなされても

↑ページのトップへ

inserted by FC2 system